2013/06/18

accounts.google.comに存在したXSS

Googleの脆弱性報酬制度の報酬がアップされましたね!

Google、脆弱性情報に支払う報奨金を大幅アップ - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1306/10/news027.html
Googleアカウントページに存在するクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性情報については3133.7ドルから7500ドル

 accounts.google.comのXSSは$7,500 だそうです。みつけたいですね!

みつけるのはかなり厳しいと思いますが、かつて2つみつけたことがあります。
今日はそのうち1つを紹介したいと思います。

oeパラメータを使ったXSS

2012年12月27日に報告し修正された問題です。
Googleは、一部のサービスで「oe」というクエリパラメータを付加することで、ページの表示に使用するエンコーディングを指定できます。

もちろん、oeには、任意のエンコーディングが指定できるわけではありません。もし自由にエンコーディング名を指定できてしまったら、そのエンコーディングをサポートしていないブラウザでは、ページを正しく表示できなくなったりするからです。
 
エンコーディングはXSSを引き起こすポイントとして注目すべきところです。ただ、明示的にエンコーディングを指定できる場所で、よりによってGoogleにスキがあるとは思えません。ところが、調べてみるとそうではありませんでした。

Googleの「oe」パラメータは、oeを指定しても認識されないページがあったり、認識できる文字列が異なると感じるページがいくらかありました。差を調べていったところ、多くの文字列をエンコーディング名として認識するページでは、完全に自由ではないものの、明らかに必要以上のエンコーディングを指定できてしまうことがわかりました。それがよりによって、accounts.google.com のページだったのです。

結論から言うと、以下のようにすると、IEでXSSすることができていました。
 https://accounts.google.com/NewAccount?oe=utf-32&Email=%E2%88%80%E3%B8%80%E3%B0%80script%E3%B8%80alert%281%29%E3%B0%80/script%E3%B8%80


oeにUTF-32を指定しています。これでレスポンスヘッダのContent-Typeのcharsetには、UTF-32が設定できていました。なぜこれでXSSができたのでしょうか。

UTF-32は1文字を4バイトで表します。例えば「<」は [0x00][0x00][0x00][0x3C]、「あ」(U+3042)は[0x00][0x00][0x30][0x42]で表されます。
例を見た方が簡単だと思うので、UTF-32のエンコーディングを設定したページを用意しました:

http://l0.cm/utf-32.html


正しくUTF-32で表示できた場合には、 「UTF-32!」とアラートダイアログが出た後、ページ中に「あ」が表示されるはずです。
UTF-32をサポートするブラウザはChromeとSafariです。( http://l0.cm/encodings/table/ を参照 ) ですので、ChromeとSafariではこれを正しく表示することができると思います。

ところがUTF-32を認識できない、FirefoxやIEだとどうでしょうか。
Firefoxでは、間のヌル文字が邪魔してHTMLのソースが露出する形で表示されます。
IEはアラートダイアログがでます。 これはUTF-32をサポートしているからではなく、IEではヌル文字[0x00]はHTML中で無視されるという挙動があるためです。代わりに、全角の「あ」(UTF-32で [0x00][0x00][0x30][0x42] )の部分はうまく表示できておらず、「0B」(ASCIIで [0x30][0x42]) と表示されているのがわかると思います。

今のIEの挙動を踏まえて、今度は、UTF-32で「∀」(U+2200)という文字をHTML中に配置することを考えてください。
UTF-32では[0x00][0x00][0x22][0x00] で表されます。じゃあもしこのバイト値を配置したページをIEで表示したら、どうなるでしょうか。はい、無視されるヌル文字を除いて「"」(0x22)だけが現れることになります。

今回のXSSの原理はこういうことです。GoogleはUTF-32としては有効でXSSのないHTMLを出力していましたが、[0x22]( " )や[0x3C]( < )や[0x3E]( > )などのバイト値が含まれる、UTF-32のときにはエスケープする必要がない文字を使うことで、UTF-32をサポートせずヌル文字を無視するIEでは、ほとんど本来のHTMLページを表示しつつ、ページの構造を破壊することができました。

さきほどのURLのEmailパラメータをUTF-8でパーセントデコードすると、次のような文字列が現れます。

∀㸀㰀script㸀alert(1)㰀/script㸀


これらに含まれる文字はUTF-32で以下のように表されます。

∀ U+2200 [0x00][0x00][0x22][0x00]
㸀 U+3E00 [0x00][0x00][0x3E][0x00]
㰀 U+3C00 [0x00][0x00][0x3C][0x00]

メールアドレスの入力欄に配置されるこれらが最終的に挿入される形は、ヌル文字を無視して、

"><script>alert(1)</script>

となり、IEでは以下の画像のように、我々が大好きなアラートダイアログが表示されるという訳です。






その後さらに調べると、oeにはUTF-32以外にも、ブラウザがサポートしていない、ASCIIと互換性のないエンコーディングを指定することができており、IE以外のすべてのブラウザでXSSを起こすことが可能でした。


はい、こんなのでした。
この問題をみつけた時点では、制度の上ではaccounts.google.comのXSSは$3,133.7が設定されていましたが、今回の問題は、複数のページにわたって影響し、Coolなバグだとして、特別に$5,000をもらいました。

個人的にもUTF-32を使った実際の問題というのはこれが初めてで面白かったです。
ブラウザがサポートするエンコーディングなど、エンコーディングについていろいろ調べていなければ思い付かなかったと思います。役に立たなそうなことを地道に調べ続けてよかったです。

5 件のコメント:

  1. I added your example in http://bughunters.thebestbug.com/index.php?title=Bug5-Google_accounts_XSS_for_IE hope you are ok in using the content. maybe you can add to the wiki other entries yourself. Cheers,Sebi

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. UTF-32でなくても、0x00を含むようなエンコーディングをhttp://l0.cm/encodings/table/とかから選んで組み立てることもできるのですか?

    返信削除